凡人の非凡なブータン暮らし

凡人の僕がはじめたブータンという国での海外暮らし。 日々のいろいろを描いていこうと思います。

カテゴリ: 真面目な話

ブータンではロックダウン中、指定の区域の中だけなら買い物をすることができるようになっています。買い物をしないと食べる物がなくなってしまいますから。その際、外に出るには『ムーブメントカード』というものの携帯が義務付けられます。居住している地区で申請をして、 ...

あけましておめでとうございます!誰かに送る予定はないのですが、年賀状を作ってみました♪さて、2022年がはじまりました。まだ1月2日。多くの皆さんは家族や親戚とゆっくりと過ごしている頃でしょうか。僕も今年はゆったりと過ごしています。と言ってもルームメイトと2人だ ...

さて、12月31日です。今日で2021年、丑年が終わります。皆さんにとって、2021年はどんな年でしたか?僕にとっては、大きな決断をした年となりました。感染症が世界的に猛威を振るう中、ブータンの地に戻ってきました。それも以前のJICAボランティアとしての契約を終えてから ...

『タバコ』。世界中で愛されている嗜好品の一つです。日本では増税によって価格が上がり続けています。しかしながらタバコを吸い続ける愛煙家は未だに多くいます。体に悪いと言われていながらも、ファンはいなくならない。喫煙経験のない僕にはわかりませんが、よほど魅力的 ...

こんな感じで僕はマイノリティとして生きているのですが↓  マイノリティとして生きることは、メリットもデメリットもあります。ではさらに具体的に、外国で仕事をすることで感じたメリットを、今回は紹介しようと思います。 もくじ 自己肯定感 労働時間 外国語 吹っ切って ...

コロナウイルスの感染拡大による日本での緊急帰国&待機を経て、2021年5月に無事にブータンに戻ることができました。一年の時を経てのブータン再赴任となりましたが、たかが一年です。そうそう変わるもんじゃありません。そう思ってブータンに戻ったところ、見たこともない身 ...

以前ブータンでこんなことがありました。僕はまだ若いし結婚していなくても普通だと思っていたのですが、国が違えば価値観も違います。この国では25未婚は普通ではないわけです。そこで今回、ブータンに住んでいる僕が感じているブータン人の結婚観について、まとめてみよう ...

そうなんです!近隣国のインドやネパールと大きく違う点ですが、ブータンにはストリートチルドレンやホームレスが全くいない!!その理由のついてです。今回は珍しく、ブータンという国の一面を真面目に紹介してみようと思います。 【ブータンに飢え死にする人はいない】 ...

最近は様々な媒体の広告を通して「青年海外協力隊」という名前を目にすることが増えた気がします。しかしながら「青年海外協力隊」の名前は知っているけれど、具体的にはよく知らない方が多いのではないでしょうか。この記事では、青年海外協力隊の概要や仕事内容、協力隊に ...

僕のした単純作業がこの世界を回り回ってまだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆくこれは、Mr.Childrenさんの『彩り』という歌詞の一節です。僕の大好きな曲です。 なんて素敵な考えでしょう。たとえ単純作業であっても、作業の一つ一つが、回り回ってどこかの誰かの笑 ...
スポンサーリンク

↑このページのトップヘ