96B20CB2-F38B-4631-AB8A-6D81669026EB84E1B004-5381-4F29-AAE4-982AC7937680
C34C9AA8-7695-460A-87A3-B1B54EABF560

今日は学校の食堂にいる猫ちゃんの話です。

僕たち柔道チームのメンバーは、午前のトレーニングを終えたらみんなでお昼ご飯を食べます。


メンバーの多くはすごく貧乏な家庭の子で、自宅では充分なタンパク質を摂取できません。家でほとんどお肉を食べられない子もいます。


そんな子を選手として育てるために、トレーニング後のランチは柔道協会のお金を使って提供しています。


そんなわけでいつも学校の食堂で食べるのですが

そこに猫ちゃんがいるんですね。


まあ日本からしたら衛生的にどうなんとか思うかもしれませんが、ブータンでは誰も気にしません。


この子がまた可愛くて、ご飯を分けてもらおうとウロウロしているんです。

身体を足に擦り付けてきたりします。


最初はすごく控えめで、「もしよろしければ少しだけ分けて貰えませんか?」程度だったんです。

だからお肉や魚の端切れをあげていました。


しかし最近は

僕が端切れを与えてくれる人だと認識したんでしょう。

机の上にまで登って、隙あらば持って行こうとスタンバイしています。


僕はプレッシャーを感じながら食事をしています(笑)

2BFE355B-B16F-4660-ACCE-C230B2709756

まあ、飛びかかったりするような子ではないのでいいのですが。



そんな食堂の猫ちゃんの話でした!

にほんブログ村 にほんブログ村へ

スポンサーリンク